イギリスのビザ申請・取得サポートは、ビザ取得率:100%の当社におまかせください!

イギリスに滞在する期間・目的によっては、渡航する前に学生ビザ (Short Term Study VisaまたはGeneral Student Visa:Tier 4)やワーキングホリデー(ワーキングホリデー:ワーホリ:Youth Mobility Scheme:Tier 5:YMS)を申請・取得しなければなりません。

何かご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。 

目録:

◎ 私が通っている学校は授業内容がしっかりしていて、クラスの枠を超えて皆と仲が良いのでとても楽しいです。イギリス人の人は冷たいという風に聞いていましたが、そんなことは一切ないし、日本人との共通点もたくさんあるように思います。学校のアクティビティに参加することで、友達の輪がどんどん広がっています。ロンドンは最高です!

◎ 語学学校の先生やクラスメイトは楽しい人ばかりです。他国出身のクラスメイトとお友達になるには、その国の文化を理解する必要があります。自分と違う考えや価値観を持つ人たちと知り合え、自分の価値観が変わりました。毎日がとても楽しく、まだまだ帰りたくないです。

お客様からのコメント

短期学生ビザ(6ヶ月未満の滞在)

短期学生ビザ

イギリスへ渡航する前に学生ビザの申請・取得をする必要はなく、イギリス到着時に行われる入国審査で、目的に沿った書類を入国審査官へ提示することになります。

入国審査官により入国許可が出た場合、短期学生ビザとして最長6ヶ月間のイギリス滞在が許可されます。

その場合、滞在期間の延長、学生ビザやワーキングホリデー(ワーホリ)への変更はできません(見込み学生ビザを取得しているか、学位レベルまたはそれ以上のコースを受講する方でない限り、滞在延長は認められません)。

滞在期間を延長する場合、一度帰国して、短期学生ビザで再渡航するか(基本的には認められていますが、再入国を拒否される場合があります)、学生ビザやワーキングホリデー(ワーホリ)を取得して渡航しなければなりません。

学生ビザ(6ヶ月以上の滞在)

イギリス留学学生VIZA

イギリスへ渡航する前に学生ビザの申請・取得をしなくてはなりません。学生ビザはパスポート上に貼付されます。

この手続きによって、イギリスを訪れる人々は入国を前もってより確実なものにし、イギリス到着時に入国審査に要する時間を短縮することができます。学生ビザを持たずに到着し、6ヶ月以上の滞在期間を希望した場合、入国を拒否されます。

学生ビザを申請・取得するには、必要な書類などを準備し、イギリス・ビザ申請センター(VFS Global) に申請しなければなりません。

ワーキングホリデー(ワーホリ)

ワーキングホリデー

イギリスへ渡航する前にワーキングホリデー(ワーホリ)の申請・取得をしなくてはなりません。

ワーキングホリデー(ワーホリ)はパスポート上に貼付されます。滞在している間に、起業、プロフェッショナルなスポーツ(スポーツのコーチとして含みます)、医師を除いて働くことができます。

語学研修、ボランティア活動、およびオペアに従事することができます。ワーキングホリデー(ワーホリ)を申請・取得するには、必要な書類などを準備し、イギリス・ビザ申請センター(VFS Global) に申請しなければなりません。

イギリス・ビザ申請センター(VFS Global)



イギリスの祝日

日付

曜日

2017年度の祝祭日

1月2日

月曜日

ニューイヤーズデーの振替

4月14日

金曜日

グッドフライデー(イースター)

4月17日

月曜日

イースターマンデー(イースター)

5月1日

月曜日

アーリースプリングバンクホリデー

5月29日

月曜日

スプリングバンクホリデー

8月28日

月曜日

サマーバンクホリデー

12月25日

月曜日

クリスマスデー

12月26日

火曜日

ボクシングデー

留学資料請求無料